[PR]

 大阪府和泉市の選挙管理委員会は21日、参院選の投票に訪れた有権者2人に、それぞれ選挙区と比例区の投票用紙を誤って二重交付したとみられると発表した。二重交付した分の2票は、投票されていれば他の票と区別がつかないため、有効となる。

 市選管によると、市内二つの投票所で、21日午前の点検の際、回収した入場整理券の枚数より、投票用紙の交付枚数がそれぞれ1枚多いことがわかった。交付担当の市職員と市民が用紙を手渡しした際、2枚渡した可能性が高いという。