[PR]

 出るだけではない。東京五輪で活躍するために決断した。サッカー日本代表FW前田大然(21)がポルトガル1部マリティモへの移籍することとなった。期限付きで、契約期間は来年6月30日まで。J1松本が21日、発表した。

 前田はこの日、ポルトガルへ向かった。現地でのメディカルチェックを経て、正式に契約を結ぶ。出発直前に移籍への思いや、東京五輪への意気込み、そしてサポーターへの感謝を語った。一問一答は次の通り。

全てで日本人は劣っている

 ――前日20日のJ1広島戦が、松本での最終戦となりました。今季2点目も決めて、引き分けました。

 「最後って分かっていたんで、なんとしても勝ちたい、点を取りたいという思いでやっていたんで。勝てはしなかったけど、良かったかなって思います」

 ――その試合後には、サポーターにあいさつができませんでした。

 「本当に(移籍が)決まったの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも