[PR]

(21日、高校野球島根大会 立正大淞南8-0矢上)

 「ツーアウト、ツーアウト!」。八回表2死満塁のピンチでも矢上のエース、上田寛人君(2年)は白い歯を見せながら、声を張り上げた。

 まさに粘投だった。「初回から球が走っていなかった」と毎回ランナーを背負いながら七回まで3失点に抑えていた。適時打を許してもマウンド上では常に笑顔。「どんなに悔しくても一番高いところで変な顔はできない」

 昨年優勝の益田東との初戦では最大5点をリードされながら、八回裏に自身の適時打などで一挙10点を奪い逆転コールド勝ち。自分が折れない限り、チームは打って返せるという自信があった。

 八回表は疲労のためか肩で息をする場面も。球が上ずっているのも感じた。2安打と四球で満塁とし、2番打者に投じた2球目。甘く浮いた直球をレフトに運ばれると、投手交代を告げられた。「流れを渡す、与えてはいけない1点だった」。マウンドを譲った上田君に笑顔はなかった。

 試合終了後、「自分には投げきる体力も球速も足りていない。勝てなかった先輩たちのためにも、この悔しさを糧に成長して戻ってきます」と前を向いた。(清水優志)