日本の平和学の第一人者として知られ、日本平和学会の会長も務めた広島修道大学名誉教授の岡本三夫(おかもと・みつお)さんが20日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため広島市内の高齢者施設で死去した。86歳だった。葬儀は近親者で営む。喪主は長女沙良(さら)さん。

 栃木県出身。四国学院大学教授時代の1976年、日本初の「平和学」講座を開講し、平和学の第一人者として知られる。90年に広島市へ移住し、平和運動の中心に立ち続けた。2007年には、同市に「岡本非暴力平和研究所」を設立。「第九条の会ヒロシマ」世話人代表も務めた。

 04年の参院選に、護憲を訴え、平和団体の支援も受けて立候補。10万票あまりを獲得したが落選した。