[PR]

 ロンドンで開催された陸上のダイヤモンドリーグ第10戦第2日は21日、男子400メートルリレーが行われ、多田修平、小池祐貴(ともに住友電工)、桐生祥秀(日本生命)、白石黄良々(セレスポ)で臨んだ日本は、今季最高の37秒78をマークし2位に入った。今季世界最高の37秒60で走った英国が優勝した。

 2走・小池、3走・桐生の並びを選択し、代表デビューの白石をアンカーに置いた新オーダー。合格ラインは38秒台切りに設定していたが、37秒78と期待を上回る走りを見せた。

 しかも2016年リオデジャネイロ五輪の決勝で出した日本記録37秒60と、37秒68だった同予選に続く好タイムだ。世界ランキングでの東京五輪への出場権をほぼ確実におさめ、土江寛裕コーチは「英国には負けましたけど、120点かなと思っています。東京のスタートラインには確実に立てる」と喜んだ。

 各自が持ち味を発揮した。多田…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら