[PR]

 京都選挙区(改選数2)で落選が決まった立憲新顔の増原裕子(ひろこ)氏(41)は、京都市上京区の事務所で「あと一歩届かなかった。力不足を痛感している。支えてくれた多くのみなさま、本当にありがとうございました」と頭を下げた。選挙戦では年金制度の立て直しなどに加え、性的マイノリティーとして苦しんだ経験を踏まえて「誰も取り残さない社会をつくる」と訴えた。

 同選挙区では、立憲と同じ旧民主系の国民が京都府連会長、前原誠司衆院議員の元秘書の擁立を一度は発表したが、共倒れを懸念する連合京都の要望などを受け、両党が増原氏に候補者を一本化。選挙協力では、国民の候補者取り下げによる「しこり」が懸念されていた。