[PR]

 立憲民主党の枝野幸男代表は21日夜、野党共闘について「3年前に(参院選で)初めてこういった形を取った時よりは、いろいろな意味で連携が深まっていると思っている」と評価した。そのうえで「この連携をさらに強化して、次の総選挙ではしっかりと政権選択を迫れるような状況を作っていきたい」と述べ、立憲民主、国民民主、共産、社民、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」の野党5党派で政権交代を目指す考えを示した。

 共産党の志位和夫委員長も「枝野代表が5党派の枠組みで連立政権について話し合いたいと言った。大変大事だ。総選挙ってことになると、安倍政権を倒してそれに代わるどういう政権を作るか、これを責任持って示す必要がある。そこに踏み込んだ共闘を進めていきたい」と応じた。

 いずれもNHKの番組で語った。