[PR]

 21日に投開票された参院選で、青森県八戸市での開票作業中に投票用紙とほぼ同じサイズのメモ用紙2枚が見つかり、対応のため開票作業が一時混乱した。

 市の選挙管理委員会によると、メモ用紙は投票用紙とほぼ同じサイズで、2枚とも似た筆跡だった。開票作業にあたっていた市選管は、無効票とみなすべきか、あるいは単にごみとして処理するべきかなど、対応に苦慮したという。

 最終的には県選管などとも協議した上で、投票箱に入っていたことから投票行為とみなし、無効票として扱うことに決めたという。メモ用紙に書かれていた内容は、「投票の秘密」だとして明らかにできないとしている。

 市選管としては「過去に例がない」事例だったとした上で、「今後も市民のみなさまに適正な投票を呼びかけていきたい」と話した。(横山蔵利)