[PR]

 第101回全国高校野球選手権岡山大会は22日、3回戦に入り、4校がまず8強に進んだ。春の中国大会を制した関西は金光学園に敗れ、姿を消した。倉敷工、岡山学芸館は相手に得点を許さず快勝。東岡山工は作陽との今大会初のタイブレークを制した。23日、8強が出そろう。

関西 遠かった本塁

 関西が負けた。春の中国大会を制し、各校が「打倒・関西」を掲げて挑んだ夏。最後の打者のバットが空を切ると、選手らは起きたことが信じられないような表情を浮かべ、整列に向かった。

 春の県大会、中国大会は面白いように打線がつながった。が、この日は金光学園の2年生左腕・伊藤暖人(はると)君の前に沈黙した。

 流れをつかむチャンスはあった。初回1死二塁の好機から3番・白井裕斗君(3年)が左翼前へはじき返した。しかし、先制を狙った走者は相手の好守備で本塁タッチアウトに。四回1死満塁からは、片山朋哉君(同)が直球をとらえたが、内野手の正面を突いた。

 逆に金光学園打線は相手のミスなどでつくった少ないチャンスを確実にものにした。四回、1死二、三塁。政岩学飛(がくと)君(同)が代わったばかりの投手の初球を中前へ適時打。七回の2点目も、無死満塁から初球を狙った伊藤君がたたき出した。

 八回。内野ゴロを打った関西4番の岩本皓多君(同)が、一塁へ「絶対にセーフになる」とヘッドスライディング。ユニホームの上着が大きく裂けるほどの気迫を見せた。だが本塁は最後まで遠いままだった。

 5年ぶりの夏の代表の夢は破れた。浜田真吾監督は「勝たせてやりたかった」と唇をかみ、片山主将は「何もできなかった。こんなことになるなんて」。後は言葉にならなかった。(華野優気)