[PR]

 22日朝まで開票作業が続いた参院選比例区。れいわ新選組からは、重い障害がある2人が当選した。共に大型車いすや介助者が欠かせず、国会の受け入れ態勢作りが急務だ。

 木村英子氏(54)は脳性まひで、首から下を自由に動かせない。当選を決めた22日未明、「国会が重度障害者を入れてくれるのかというところから始まる。どれだけ合理的な配慮が整うのか。乗り越えなければならない壁だ」と語った。

 国会議員では過去に、郵政相などを務めた八代英太氏が車いすを使用し、国会玄関のスロープや車いすで入れる本会議場の議席が設けられた。だが、今回当選した2人が使うのは大型の車いす。参院事務局によると、設備がそのまま使えるのか、確認が必要という。

 2人の行動に不可欠な、介助者の扱いも課題だ。もう1人の当選者で、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の舩後(ふなご)靖彦氏(61)は手足を動かせず、声が出せないため、目や口の筋肉のわずかな動きと文字盤で介助者に意思を伝える。しかし、いまの国会では、付添人の同行の規則がない。

 参院事務局は、議場や委員会室…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら