[PR]

 第101回全国高校野球選手権神奈川大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は22日、4球場で8試合があり、8強が出そろった。シード校の戸塚が延長の末に敗れるなど、公立勢は相模原以外敗退した。24日は横浜スタジアムで準々決勝2試合が行われる予定。

Y校 十一回サヨナラ負け

 ノーシードから勝ち上がった公立校同士の一戦は、延長戦にもつれこんだ。

 三回、相模原に1点を勝ち越された直後、横浜商の投手が篠崎悠人選手(3年)に代わると、捕手も松本新選手(同)に交代。前日も、1点を追う場面から70球以上を投げた篠崎選手だが、「今日も気持ちが入った球が来ている。負ける気がしない」と、強気で攻めた。

 七回、中村光選手(同)、笹川吉康選手(2年)の連続適時打で追いつくも、延長十一回、この日初めての連打を浴びる。

 「相手は打つチーム。でも小技も油断できない」。無死二、三塁となると、松本選手がマウンドに行き、篠崎選手と相談する。「満塁策にしよう」。敬遠で満塁とすると、次打者の打球は狙い通りゴロに。二塁手の及川博樹選手(同)が飛びついて、松本選手へ送球し、三塁走者をアウトにする。「あと2アウト取って、流れを次の回につなぐぞ」

 だが、これまで3試合連続で本塁打を放っている温品(ぬくしな)直翔(なおと)選手(同)に、直球を中前に運ばれ、サヨナラ。相手ベンチから選手たちが飛び出してくる中、松本選手は立ち尽くした。

 「1点もやれない回が続き、余裕がなくなった。技術より、気持ちで負けた」。打たれたエースも、相手の校歌が終わった後、グラウンドで一人、顔を覆った。(木下こゆる)