[PR]

 在宅介護サービスを利用していた寝たきりの男性に暴行を加えて死亡させたとして、北海道警は、札幌市豊平区中の島1条1丁目、介護職員太田幸司容疑者(24)を傷害致死の疑いで21日に逮捕し、発表した。太田容疑者は「寝付かないので腹が立った」と容疑を認めているという。

 道警によると、太田容疑者は19日夕から20日午前7時20分ごろまでの間、同市東区の山下茂樹さん(35)宅で、山下さんの顔などを複数回殴ったり蹴ったりする暴行を加え、死亡させた疑いがある。山下さんは20日夕、搬送先の市内の病院で死亡した。

 山下さんは一人暮らしで重い身体障害があり、24時間態勢で介護を受けていた。太田容疑者は、在宅介護サービスを提供する札幌市内の事業所で派遣の介護職員として週1回ほど山下さんを担当。事件当時は勤務中だった。太田容疑者と交代した介護職員が、呼吸の乱れや嘔吐(おうと)といった山下さんの異変に気づき、119番通報した。