[PR]

 「世界初?」と銘打ったお笑いと音楽のイベントが28日、東京・西麻布で開かれる。大げさにも思えるキャッチフレーズの理由は、会場が寺だからだ。なぜ厳かなイメージのある寺で? 主催するお笑い芸人に聞くと、そこには深い思いがあった。

 題して「妙善寺コメディフェス」。東京都港区西麻布3丁目の日蓮宗の寺、妙善寺の「本堂ステージ」で、お笑いライブがある。また音楽イベントが「書院ステージ」で開かれる。午後1時から9時までぶっ通しで、「一日中笑い放題」とうたう。

 お笑いライブは、約30組が出演。テレビ出演の経験がある人もいるが、東京近郊で活動する20~30代の若手が中心だ。音楽イベントは、ミュージシャン5組がDJをしたり、アコーディオンを演奏したりする。即興演劇のパフォーマンスもある。いなりずしやコーヒーなどの店も出店する。

 主催者の芸人、お笑いコンビ「オシエルズ」の矢島ノブ雄さん(32)は、実は2015年から隔月で同寺の本堂でライブを開催している。

 寺を、生きている人が縁を結び、豊かな暮らしをできる場所にしたい――。そんな思いで、寺で映画祭などを開いてきた住職の的場徳雅さん(38)の思いに感銘を受けたからだという。

 本堂はふだん、読経や礼拝の際に鳴らすおりんや太鼓などの仏具が置かれている「厳かな場所」だ。「利他」の空気が流れる場所でのライブは、活動16年目の矢島さんが初心を思い出す場所になっているという。

 「慣れてしまったり、余裕がなくなったりして、好きで好きで始めたときの気持ちを忘れがち。でもここでは、お笑いで人を元気にしたい、幸せにしたいという気持ちになれる。建物の持つパワーを感じる」

 劇場ではなく寺を会場とすることで、普段お笑いに接したことのない人や、音楽が好きな人にも興味を持ってもらおうと、今回のフェスを企画した。

 「粒ぞろいのメンバーを集めた。お客さんの笑い方や呼吸を感じ取って、対話しながら全力でやっている。お客さんには臨場感を楽しんでもらえたら」

 一方で、芸人自身にも、自分の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら