[PR]

 21日に投開票された参院選和歌山選挙区(改選数1)で5選を決めた自民現職の世耕弘成氏(56)=公明推薦=の得票率は73・77%で全国トップだった。厚い支持基盤を生かし、野党統一候補に大差をつけた。

 世耕氏は経産相としての公務や全国の候補者の応援に追われ、選挙区に入ったのは公示日の4日のみ。演説では「全国で得票率1位をなんとしてでも取って次のステップにつなげていきたい」と訴えた。

 こだわったのは勝ち方。「得票率全国1位」を実現するため、県内30市町村すべてにある後援会組織を「フル回転」。2013年参院選の1・5倍以上の企業・団体の推薦を集めた。推薦する公明党県本部も「世耕さんならまとまりやすい」とし、票固めに全力を挙げた。相手陣営から「これまでと違う。必死になっている」と言われるほどの戦いぶりを展開した。

 陣営は得票率アップのために投…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら