[PR]

 北海道釧路市の浄土寺と本行寺で21日、地域の人たちに開放したイベントがあった。お寺が「ご縁」をつなぐ場にという取り組みだ。

 「お寺にぶらっとでかけてみよう!」と、釧路市若竹町の浄土寺で催されたのは「てらぶら」。大広間では、雑貨の販売スペースや小物作りの体験コーナーなどが並んだ。本堂では、雨乞いで使われたという民族楽器などの2人組が神秘的な調べを演奏、読経との即興コラボで魅了した。

 盛り上がったのは、本堂の仏前で演じられたベリーダンス。釧路市出身のミチルさんらダンサー2人が白い肌をさらし、腰をくねらすなど官能的な踊りを披露。観客から歓声が上がり、声援が飛んだ。

 「お寺の堅いイメージを払い、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら