[PR]

 独メルセデス・ベンツ日本法人は22日、セダンとしては同社初となる最低価格300万円台の「Aクラス」を発表し、予約の受け付けを始めた。これまで、同社製のセダンは「Cクラス」の455万円(消費税込み)がもっとも安かったが、344万円から買えるようになる。

 これまでハッチバックしかなかったAクラスにセダン型を追加した。日本法人で商品企画を担当する中山怜さんは「車体自体は一回り小さいものの、室内空間はCクラスと同様の広さを確保した」と話す。

 1.4リットルと2.0リットルのガソリンエンジンのみの設定で、価格は344万~582万円。高速道路を走っているときに自動で車線変更ができるなどの安全運転支援機能はオプションになる。納車は9月から年末ごろを予定しているという。(森田岳穂)