[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックの体操とボッチャが実施される有明体操競技場(東京都江東区)の建設現場が22日、公開された。大会組織委員会によると、工事は9割弱を終えており、観客席の設置などが進んでいた。

 東京大会の競技会場で最も多い約2300立方メートルの木材を使用。アーチ状の屋根のはりや外壁、観客席などに国産の認証材が使われている。04年アテネ五輪体操男子団体で金メダルを獲得した冨田洋之さん(38)が会場を訪れ、「木のぬくもりが感じられる。天井も高いので競技もしやすいと思う」と感想を語った。