[PR]

 参院選長野選挙区(改選数1)で、野党統一候補で国民民主現職の羽田雄一郎氏(51)=立憲民主、共産、社民支持=が5選を果たした。朝日新聞社が実施した出口調査からは、羽田氏が共闘を組んだ野党支持層の大半を固めたほか、自民、公明支持層の2割以上から支持を得ていたことが分かる。左右にウィングを広げた結果、大差での勝利につながった。

 調査は投開票日の21日に県内90カ所で行い、4228人から回答を得た。

 羽田氏は国民支持層の90%のほか、立憲支持層の93%、共産支持層の86%、社民支持層の84%から得票。「野党共闘」の成功を裏付ける結果となった。無党派層の66%から支持を得たことも追い風となった。

 さらに羽田氏は自民支持層の2…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら