【動画】事件前日に京都アニメーション本社方面へ歩く青葉真司容疑者に似た男=住民提供
[PR]

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで34人が死亡した放火殺人事件で、青葉真司容疑者(41)=殺人などの容疑で逮捕状=と特徴のよく似た男が事件前日、同社本社(京都府宇治市木幡大瀬戸)近くの防犯カメラに記録されていたことがわかった。カメラが台車を押して歩く姿をとらえていた。

 青葉容疑者とみられる男は事件前日の17日午後2時半ごろ、同社本社近くに設置された防犯カメラに映っていた。録画された映像によると、男は赤色のシャツにジーンズ姿で、リュックを背負い、段ボール箱などが複数載った台車を手で押している。

 京都府警もこうした防犯カメラ映像や目撃情報を確認しており、青葉容疑者が数日前に現場近くに到着し、現場の第1スタジオのほか、本社や第2スタジオ(宇治市木幡内畑)を下見し、襲撃の機会をうかがっていたとみて調べている。