[PR]

患者を生きる・眠る「夜間頻尿」(3)

 夜間頻尿で悩んでいた京都市の徳田美保さん(80)は2009年10月、重い睡眠時無呼吸症候群とわかった。市内の伏見桃山総合病院で、主治医の笠原正登さん(57)に診断された。

 睡眠時無呼吸症候群と夜間頻尿との関わりは、すべてが分かっているわけではない。

 無呼吸で低酸素状態になると、…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら