[PR]

 中国外務省の「顔」として知られる報道局長に、副報道局長だった華春瑩氏が就任した。同省が22日にウェブサイトで公表した。

 華氏は欧州局などを経て2012年に報道局の副局長に。普段は厳しい表情で中国の立場を説明するこわもての報道官として知られている。この数カ月、会見から姿を消していたが、中国メディアによると、華氏は共産党の中央党校で3月から4カ月半、幹部になるための研修を受けていた。

 今月12日付の党幹部向け新聞「学習時報」で、華氏は「国際世論の構造は『西強我弱』(欧米が強く、中国が弱い)だ。積極的に発言権を勝ち取らなければならない」などとする論文を投稿していた。

 17年の会見では、上野動物園…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら