[PR]

 参院選の投開票から一夜明けた22日の記者会見で、安倍晋三首相は憲法改正を議論することについて「国民の審判だ」とアクセルを踏み込んだ。野党にゆさぶりをかける首相の発言に対し、立憲民主党と国民民主党の足並みには乱れが見える。

 「この選挙では憲法改正も大きな争点となった」

 首相は自民党総裁として党本部で臨んだ記者会見で、憲法改正についてそう切り出した。

 「議論を前に進める政党を選ぶのか、それとも議論すら拒否する政党を選ぶのか。それを問う選挙だと繰り返し申し上げてきた」と述べ、自民、公明両党の与党で改選過半数を確保した選挙結果はそうした主張が認められたものだと強調した。

 首相は「野党には憲法改正原案に向けた議論を呼びかけたい」と停滞する衆参憲法審査会での議論を求めた。自民は9条への自衛隊明記など「改憲4項目」をまとめていることを紹介し、「立憲民主党をはじめ、野党にもぜひ、それぞれの案を持ち寄っていただきたい」と首相による憲法改正に反対する立憲を挑発した。

 強気の姿勢が目立つ首相だが、参院選では、自公の与党に安倍政権での憲法改正に前向きな日本維新の会、与党系無所属を加えた「改憲勢力」の議席数は、憲法改正の国会発議に必要な「3分の2」には届かなかった。

 首相はこの日の会見で、「国民…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら