【動画】デザインが発表された2020年東京五輪のメダル=長島一浩撮影
[PR]

 2020年東京五輪の開会式まであと1年となった24日、大会組織委員会は都内で開かれた記念式典でメダルのデザインを発表した。開催都市がデザインを決められる裏面は立体的な渦状になっており、美しい光の反射が特徴。「光と輝き」「アスリートのエネルギー」「多様性と調和」の三つの思いを込めたという。大阪市出身の川西純市さん(51)の作品。表面は国際オリンピック委員会(IOC)の規定で、ギリシャのパナシナイコ競技場に立つ勝利の女神ニケ像が描かれている。

 裏面のデザインは、組織委のデザインコンペに参加した421人の作品のなかから、00年シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子さんら13人の審査会メンバーが選んだ。

 メダルの重さは金が556グラム、銀が550グラムで、いずれも夏季大会で最も重い。銅は450グラム。直径は85ミリで、厚みは12・1~7・7ミリ。素材は金と銀は純銀製、銅は丹銅製で、金は6グラム以上の金めっきが施されている。全て使用済みの携帯電話などから取り出した金属で作る。

 8月末に発表されるパラリンピックのメダルと合わせて計5千個を造幣局(大阪市)で作り、来年5月にすべてできあがる予定だ。1位から8位の入賞者に渡す表彰状は、岐阜県産の美濃手すき和紙を使う。