健大高崎に勝利、8強入った高崎商大付 終わりは突然に

森岡航平
[PR]

 第101回全国高校野球選手権群馬大会は22日、上毛新聞敷島球場で準々決勝2試合があった。第1シードの前橋育英は序盤に挙げた1点を守り、市立太田に完封勝ち。ノーシードから勝ち上がった関東学園大付は、2回戦で健大高崎を破った高崎商大付との延長戦を制した。23日は残りの準々決勝2試合が同球場であり、4強が出そろう。

「一番いい球を」と背中押した 高崎商大付・乾翔悟主将

 「1点取られてもいい。一番いい球を投げてこい」

 1―1のまま延長に入った十回表、高崎商大付は1死三塁のピンチを迎えた。捕手で主将の乾翔悟(3年)は八回から継投した遠藤浩斗(3年)のもとに駆け寄った。

 この日は、エース堀野嵐(3年)が7回無四球無失点。2番手の遠藤も140キロに迫る直球で押した。乾も好リードで2人の持ち味を引き出し、打撃でも3安打。八回には一塁への気迫のヘッドスライディングもみせた。チームの誰もが勝利を見据えていた。

 だが、次打者への4球目の直球は左前に運ばれ、決勝点。優勝候補を破った今夏の「台風の目」が大会を去ることになった。

 高崎商大付の3年生は、高校入学直後の1年生大会「若駒杯」で準優勝するなど、もともと技量は高かった。ところが、昨夏の新チーム発足後、考えがかみ合わず、練習に身が入らない選手もいた。渡辺賢監督は「実力を勘違いしているチーム」と感じていた。

 チームが変わるきっかけは昨秋の県大会での初戦負け。攻撃では飛球ばかり。「点はいつでも取れる」という慢心が結果に表れた。「このままでは終われない」との思いが選手の間に生まれた。

 チームが掲げた目標は「甲子園出場」。立ちはだかる強豪を倒すチャンスは、相手が勢いに乗る前の1、2回戦あたりと考えた。抽選会では狙い通り、5年連続で決勝に進んでいた第2シードの健大高崎と2回戦で当たるくじを引いた。前橋との初戦は1―0で接戦をものにし、健大高崎には9―7で打ち勝った。波に乗って創部以来初の8強入り。そんなチームに、終わりは突然やってきた。

 試合後にグラウンドで泣き崩れた乾は、仲間に肩を支えられながらベンチに戻った。「苦しいこともたくさんあったが、この仲間と一緒に乗り越えられてよかった。後輩たちにはさらに上をめざしてほしい」。思いを託して、グラウンドを去った。(森岡航平)