N国「ぶっ壊す」連呼し国政へ 何が起きた、その戦略は

有料記事

[PR]

 NHKから国民を守る党(N国)が参院選比例区で1議席を得た。候補者たちは選挙運動で、国政に関する態度は示さず、ひたすら一つのフレーズを繰り返した。「NHKをぶっ壊す」。この作戦で、選挙区で計3・02%の票を得て、国庫から政党交付金を受ける資格も得た。何が起きたのか。

 22日午前4時10分。NHKが、党代表の立花孝志氏(51)の当選確実を速報した直後だった。「勝ったぞ!」。立花氏は拳を突き上げた。「結党から6年。目標どおり国会議員になりました」。都内のビルに設けた会見場で、党所属の地方議員や参院選の候補者ら30人あまりと喜んだ。

 選挙戦で立花氏が打ち出したのは、受信料を払った人だけがNHKを視聴できるようにするスクランブル放送の実現だ。政見放送では「NHKをぶっ壊す」を連呼。NHK職員の不倫を繰り返し話題にし、「さあ、テレビの前のあなたもご一緒に『NHKをぶっ壊す』」。候補者の中には、時間内で一言も発しない男性や寸劇を繰り広げる女性もいた。動画サイトのユーチューブでも配信し、再生回数は300万回以上にのぼった。自民党が公式チャンネルにあげた安倍首相のCM再生回数(約240万回)をも上回った。

 一方で消費増税社会保障といった課題への態度は示さず、かわりに党員の多数決で政策ごとに賛否を決める考えを掲げた。ただし「自民党がNHKのスクランブル放送をやってもいいというのなら、憲法改正に賛成する」と立花氏は22日の動画で述べている。

くら替え、選挙区擁立…すべてN国の「戦略」

 狙いどおり政党要件を満たしたことで、N国は約5900万円の政党交付金を受けとる見通しだ。立花氏は当選会見の場で早くも「ぼくが衆議院にくら替えする可能性は極めて高い」と語った。

 「くら替え」は立花氏が繰り返すPR手段だ。

 元NHK職員の立花氏は、2…

この記事は有料記事です。残り1518文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント