[PR]

 国会、首相官邸、皇居などがある日本の中枢都市、千代田区に地域情報誌「ちよだタイムズ」が創刊した。7月末に各戸や事業所に無料配布された。身近な話題の「情報過疎」地域だったのを憂えたシルバー世代を中心に、ボランティアで立ち上げた。

 「ちよだタイムズ」はタブロイド判8ページで隔月発行。創刊号は3万部発行し、新聞折り込みをしたり事業所などに配ったりした。区内の盆踊りや縁日など各種イベント、老舗の飲食店などの情報をふんだんに盛り込んでいる。

 「身近な歴史が忘れ去られている」と区ゆかりの「偉人伝」の連載も設けた。初回は夏目漱石。あえて自宅から遠い小学校に通っていた謎を解き明かす。グループサウンズのリーダーだった小児科医など、隠れた著名人のインタビューや、自営業者や高齢者向きに行政書士が書く営業許可や遺産相続などのコーナーもある。

 取材、執筆、編集をするのは、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら