[PR]

 障害者にもサッカーを楽しんでほしい――。来日中のサッカースペイン1部バルセロナが設立した「バルサ財団」が22日、障害のある子ども向けのサッカー教室を開いた。世界的な名門クラブが障害者スポーツに力を入れる理由とは?

 東京都立川市の体育館で開かれた「ソーシャル・インクルージョン・フェスティバル」。視覚、聴覚などの障害を持つ約200人の子どもたちが集まった。

 ゲーム形式の練習で見えたのは「協力してパスを回しながらゴールを目指す」というバルセロナのスタイル。「全員がボールを触ってからゴールに入れれば得点」などコートごとに独自のルールを設定した。視覚障害のある子どもたちは手をつなぎながらプレーしたり、聴覚障害のある子どもたちは手話やアイコンタクトでコミュニケーションを取ったりするなどしてサッカーを楽しんだ。

 視覚障害のある妹を持つ元バル…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら