写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 アジア・オセアニア地域の多くのひとびとを巻き込んだ太平洋戦争。当時を知る世代の高齢化が進む中、高級ホテルチェーンのシャングリラホテルなどを創業したマレーシア出身の実業家、ロバート・クオック氏(95)が朝日新聞の取材に応じ、自身の戦争体験を語った。

 クオック氏は、砂糖取引や不動産業などで成功した。米誌フォーブスの今年の富豪ランキングではマレーシアで首位で、昨年はマハティール首相(94)を支える賢人会議のメンバーも務めた。インタビューにほとんど応じないことで知られるが、2年前に出版した自身の回想録で書いた戦時体験をテーマに7月に香港で取材に応じた。

一人残らず殺された

 ――あなたは取材を受けないことで有名です。なぜ応じたのですか。

 若い人に歴史を知ってほしいからです。以前、家族ぐるみで親しかった若い日本人女性に、戦争体験を話したことがあります。話し終えた後、彼女に「あなたの話は信じられない。日本の教科書には書いていなかった」と言われ、ショックを受けた。私は虐殺を目の前で見たわけではありません。でも身近な人が殺され、多くの悲しい出来事があったことを知っています。

 ――どのような出来事を見聞きしたのですか。

 私の暮らしていたマレーシア南…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら