[PR]

(23日、高校野球山口大会 宇部鴻城8―1下関国際)

 昨夏の甲子園で8強入りした下関国際が、山口大会3回戦で宇部鴻城に七回コールドで敗れ、3年連続の出場を逃した。計12安打を浴びて8失点。坂原監督は「選手は少し楽になれたと思う。3年連続のプレッシャーのなかでよく耐えてきてくれた」。木村主将は「甲子園は戻らないといけない場所。後輩は下関国際の野球をもう一度、全国に披露してほしい」。