[PR]

(23日、高校野球愛媛大会 済美9―7松山工)

 3年連続で夏の甲子園を狙う昨夏の王者・済美に5点差をつけられても、松山工は最後まであきらめなかった。九回表、連打で4点を返し、なお無死一、二塁。3番の打順を任された中村左京君(3年)が打席に入った。

 サインは送りバント。中村君は2球目を確実に一塁手の前に転がし、走者をきっちり二、三塁に進めた。次打者がスクイズを決め、同点。中村君の犠打は、土壇場で済美に追いつくお膳立てになった。

 「同点になり、とりあえずホッとした」

 1回戦とこの試合を合わせて8打数5安打6打点。この日は三回表にも適時打を放った。

 さらに、2試合とも中継ぎ投手としてマウンドに上がった。1回戦は1イニングを無安打に抑えたが、この日は四回から4イニングを任され、3失点。七回には2点本塁打を許し、「高めのまっすぐが少し浮いてしまった」と振り返った。「球は走っていた。本来は先発型。継投でリズムをつかみにくかったと思うが、頑張ってくれた」と、山口秀樹監督はねぎらった。

 同点の九回裏、済美にサヨナラ本塁打が飛び出し、敗れた。守っていたセンターから、打球がスタンドに飛び込むのを眺めるしかなかった。

 「九回に追いつけたし、良い試合だった。でも、チームも僕も一発にやられた」と悔しさをかみしめた。それでも「3年間、野球に打ち込むことができて、よかった」と話した。(亀岡龍太)