[PR]

 第101回全国高校野球選手権熊本大会の準決勝が23日、リブワーク藤崎台球場であり、九州学院と熊本工が勝ち上がった。九州学院は4年ぶりの優勝を見据え、熊本工は昨夏の決勝で涙をのんだ悔しさを胸に25日、決勝に臨む。

「悔しさプロで晴らす」 有明・浅田将汰

 「力は出し切った。悔いはない」。試合後、有明の浅田将汰(3年)はいつもと変わらぬ落ち着いた表情で率直な実感を語った。

 両チーム無得点のまま五回まで進んだ投手戦。浅田はそれまで安打1本しか許していなかった。だが、六回、その均衡が破れた。

 3巡目の熊本工打線から2死をとった後、安打と四球で相次いで出塁を許してしまう。

 次打者への初球だった。外角への直球を右前に運ばれ1点を失った。続く打者にも内野安打を浴びさらに1点。マウンドに野手が集まった。

 だが、浅田はチームメートに「ここで終わらせよう」と呼びかけ、次打者を三振に打ち取る。七回以降は再び、両チームのスコアボードにゼロが並んだ。

 九回。点差は2のままだった。だが、マウンドに立つ浅田には時折笑顔をみせる気持ちの余裕が残っていた。「険しい顔をしていてもチームのためにならない。最後の攻撃に明るくつなげよう」。そう思っていたという。

 「自分のまっすぐはこれだけ通用するんだぞ」と勝負に挑み、3打者を立て続けに力強い直球で打ち取ってみせた。

 試合には2―0で敗れ、甲子園初出場の夢は断たれた。だが、試合後に語った言葉と、そのまなざしは、すでに将来をまっすぐに見据えていた。「これまで何回も味わった悔しい思いをプロになってぶつけたい。投手として(相手打者を)ねじ伏せるピッチングをしたい」(井岡諒)