[PR]

 参院選の結果を受け、朝日新聞社は22、23の両日、全国世論調査(電話)を実施した。安倍晋三首相に一番力を入れてほしい政策を5択で聞くと、「年金などの社会保障」が38%で最も高く、「憲法改正」の3%が最も低かった。参院選の比例区で自民党に投票したと回答した人に限っても、「社会保障」が39%で、「外交・安全保障」21%、「教育・子育て」20%、「景気・雇用」14%。「憲法改正」は4%だった。

 参院選の結果、与党と日本維新の会などの「改憲勢力」の議席が、改憲発議に必要な3分の2に届かなかったことには、43%が「よかった」と答えた。「よくなかった」は26%だった。内閣支持層では「よかった」が31%で、「よくなかった」43%の方が多かった。不支持層では「よかった」が66%で、「よくなかった」14%だった。

 安倍政権のもとでの憲法改正には「賛成」31%で、「反対」46%を下回った。

 今後、安倍首相が進める政策には「不安の方が大きい」が55%で、「期待の方が大きい」32%を上回った。前回2016年の参院選後の調査で同じ質問をした際の「不安」48%、「期待」37%と比べても、「不安」が増えた。

 安倍首相の自民党総裁としての…

この記事は有料会員記事です。残り710文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り710文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り710文字有料会員になると続きをお読みいただけます。