[PR]

 日本コカ・コーラは、九州のみで試験販売していた缶チューハイ「檸檬(れもん)堂」を、秋ごろから全国で売り出す。世界のコカ・コーラグループのなかで、アルコール飲料を本格的に展開するのは初めてという。

 昨年5月から九州で始めた試験販売では、アルコール分3~9%の「はちみつレモン」「定番レモン」「塩レモン」「鬼レモン」の4種類を発売。好評だったため、全国の大手コンビニやスーパーでの販売に広げることにした。

 国内のアルコール飲料市場は、ビール系飲料が縮小する一方、ハイボールやレモンサワーなどのチューハイが若者に人気だ。糖分が多い炭酸飲料は健康志向を背景に伸び悩んでおり、コカ・コーラはアルコール市場への参入を決めたという。(長橋亮文)