[PR]

 ベトナムからの輸入が禁止されている品目の肉と鳥の卵を密輸したとして、警視庁は、同国籍で埼玉県川口市並木3丁目の留学生ハック・ティ・フオン・リン容疑者(23)を家畜伝染病予防法違反の疑いで逮捕し、23日発表した。肉の一部からアフリカ豚コレラウイルスの遺伝子が検出された。

 生活環境課によると、ハック容疑者は6月13日、ベトナム発の旅客機に搭乗する際、バナナの葉で包んだ動物の肉350本(約10キロ)と鳥の卵360個(約25キロ)を荷物として預け、羽田空港で受け取って密輸した疑いがある。これらは同国から無許可での輸入が禁じられている。「豚肉とアヒルの卵で、自分や家族が食べるためだった」と供述しているという。量が多いことから警視庁は販売目的だったとみている。

 同法は伝染病の蔓延(まんえん)などを防ぐため、一定の国・地域から特定の肉や卵を輸入することを禁じている。今回遺伝子が検出されたアフリカ豚コレラは中国やベトナムで流行しており、人に感染する恐れはないが、家畜への感染力が強く、ワクチンがないという。農林水産省によると、国内では昨年10月にウイルスの遺伝子が初めて確認され、以降も中国から持ち込まれた豚のソーセージなどから検出される例が54件あり、国が警戒を強めている。