[PR]

 韓国軍の合同参謀本部によると、「23日午前、日本海の自国領空にロシアの軍用機が2回にわたって侵入した」として、韓国軍機が緊急発進(スクランブル)をかけ、警告射撃を行った。現場は竹島(韓国名・独島)の近くだという。

 この日の朝には、中国の軍用機が、東シナ海の岩礁「離於島(イオド)」近くの韓国の防空識別圏に入ったとも明らかにした。離於島周辺は、日中韓の防空識別圏が重なっており、韓国軍の合同参謀本部は「中国機は日本の防空識別圏にも入った」としている。

 韓国の国防省と外交省は、事前の通報なしに同国の主張する領空や防空識別圏に入ったことについて、ロシアと中国に対して外交ルートを通じて厳重に抗議する予定だ。(ソウル=神谷毅)