[PR]

 陸上のダイヤモンドリーグ・ロンドン大会男子100メートル決勝で、日本歴代2位タイの9秒98(追い風0・5メートル)をマークして4位に入った小池祐貴(住友電工)ら日本短距離陣が23日、帰国した。

 羽田空港で取材に応じた小池は、70メートル付近まで先頭で走った100メートル決勝を振り返り、「先頭で走ることは初めての経験で景色が今までと違った。予想外で後半は浮足立ってしまった」と苦笑い。「イメージできればもっと速く走れる」と言い切った。

 親戚や友人から祝福のメッセー…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら