[PR]

 阪神の新外国人ソラーテが23日、1軍の試合前練習に初参加した。両打ちの元大リーガーは、打撃練習で左右の打席に2回ずつ入った。柵越えはなかったものの、外野へ鋭い打球を飛ばした。その後の守備練習では、遊撃、二塁、一塁、左翼のポジションに入って、打球をそつなく処理。ユーティリティーさをアピールした。ソラーテは「初めてグラウンドに立って、すごく刺激になった。ここでプレーしたいと思った」と話した。矢野監督は「ある程度アベレージを残しながら、はまれば長打も出るかな。対応していけそうな打者だと思った」と好印象を受けたようだ。24日の2軍の練習試合(鳴尾浜)に出場する見込み。実戦を重ね、1軍昇格の時期を見極める。

こんなニュースも