[PR]

 大阪天満宮の天神祭を前に、恒例の「ギャルみこし」が23日、大阪市北区の天神橋筋商店街を練り歩いた。

 オーディションで選ばれた、15歳から30歳までの法被姿の80人が、重さ約200キロのみこし2基を20人ずつ、交代で担いだ。

 「わっしょい、わっしょい」とにぎやかな声をあげながら、商店街の中を約4キロにわたって巡行した。(水野義則)