シリーズ:眠る

呼吸助けるマスク持参で消えた不安、ハワイ旅行も満喫

有料会員記事

武田耕太
[PR]

患者を生きる・眠る「夜間頻尿」(4)

 睡眠時無呼吸症候群の人は夜間頻尿のことが多い――。最初は意外に感じた京都市の徳田美保さん(80)だったが、2009年秋、呼吸を助けるCPAP(シーパップ)というマスクを着けて寝るようにすると、夜間、トイレに起きることはほとんどなくなった。

 慣れるまではマスクを着けて寝ることに違和感もあった。「でも、いまはこれがないと安心して寝られません」

 夜はいつも、テレビを見なが…

この記事は有料会員記事です。残り795文字有料会員になると続きをお読みいただけます。