[PR]

(23日、高校野球埼玉大会 花咲徳栄13―2所沢商)

 強気のスイングだった。一回裏、所沢商の5番佐々木亜連君(3年)は花咲徳栄のエース中津原隼太君(同)の3球目、外角直球を振り抜き、強い打球は二塁への内野安打に。直後の同点打につながり、球場が沸いた。中津原君は今大会無失点で、3回戦では無安打無得点を達成していた。

 所沢商は変化球を見逃して直球だけを狙う作戦で挑んだ。佐々木君の前の打席までに仲間が2安打を放ち、「戦える」。狙っていた球をフルスイングした。

 中津原君は所沢商打線を「難しいコースでも振るので手ごわかった」。敗れたが、佐々木君は試合後、「つないだ仲間のおかげ」とすがすがしかった。

=市営大宮(山口啓太)