[PR]

 参院選の18、19歳の投票率(抽出調査、速報値)は31・33%で、全体の48・80%を大きく下回った。選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられた後、初の国政選挙だった前回2016年参院選の45・45%(同)、17年衆院選の41・51%(同)と比べても大幅に低下した。総務省が23日発表した。

 調査は、全国の4万7044投票区のうち、全47都道府県から4カ所ずつ計188投票区を抽出して調べた。18歳は34・68%(男性33・38%、女性36・07%)、19歳は28・05%(男性26・79%、女性29・43%)だった。