[PR]

(23日、高校野球三重大会 海星10―0松坂)

 ユニホームを忘れた……。

 海星の中西風芽(ふうが)選手(3年)はすでにウォーミングアップを終え、試合前のノック開始まであと少し。パニックに陥ったが、他の部員からユニホームを拝借。試合を終えたチームに頼み込み、背番号8のゼッケンを貸してもらった。

 3安打2打点と大暴れした試合後、記者の取材に「背番号をもらうとは、チームの代表として出してもらっているということ」と殊勝な言葉を並べつつ、試合に出ることの重責を改めて感じていた。汚名を返上したかと思いきや、まだ取材中にもかかわらず、保護者に「ゼッケンを返すから」と背番号をはがされて、ちょっと格好悪かった。

 「試合に出ている責任を感じ、塁に出てチームに貢献したい」。もうユニホームは忘れない。(甲斐江里子)