[PR]

 今春に公開された米ハリウッドのアクション映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」の全世界興行収入が「アバター」(2009年)を抜き、史上最高額を記録した。製作したマーベル・スタジオが23日までに明らかにした。

 同社によると、21日現在「アベンジャーズ/エンドゲーム」の全世界興収は27億9020万ドル(約3008億円)となり、27億8970万ドルだった「アバター」を50万ドル上回った。日本では4月26日に封切られ、興収61億円、420万人を動員した。

 「アベンジャーズ/エンドゲーム」は、アメリカン・コミックのヒーローが集う「アベンジャーズ」シリーズの集大成的作品。悪役との戦闘を最新鋭のCG映像などで描いた。