[PR]

 「京都アニメーション」第1スタジオの放火事件で、募金やクラウドファンディングの動きが各地で広がっていることを受け、同社の代理人を務める桶田(おけだ)大介弁護士は23日、支援金受け付けの専用口座を近く設けることを明らかにした。

 桶田弁護士は「国内のみならず世界中から支援の声を広くいただいている。ご意向をきちんと受け止めることがなすべきことではないかとの考えに至った」と述べた。

 詳細は同社のホームページ(http://www.kyotoanimation.co.jp/別ウインドウで開きます)で近く公表予定。集まった金額や使途も公表していくという。