[PR]

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオが放火され、34人が死亡した事件では、人気アニメ監督で京アニ役員の武本康弘さん(47)の安否がわからないままだ。家族だけでなく、作品の舞台となった地元関係者、ファンにも動揺が広がっている。

 「時間がね、戻るわけはないから。つらい」。兵庫県赤穂市に住む武本さんの父親(76)は涙を浮かべた。スタジオが炎に包まれた18日、無事を願って京都府宇治市内の武本さん宅や京アニ本社、スタジオを回ったが、武本さんとは会えなかった。「よく出張に行っていたから、現場におらんと思ったが……」

 武本さんは、アニメーターとして入社し、演出も手がけるようになった。監督としてテレビアニメ「フルメタル・パニック?ふもっふ」(2003年)、「らき☆すた」(07年)、「氷菓」(12年)、「甘城(あまぎ)ブリリアントパーク」(14年)などを手がけた。

 映画監督作には「Free!」シリーズの1本「映画ハイ☆スピード!―Free! Starting Days―」(15年)がある。

 同作では、主人公の遙ら水泳に打ち込む男子たちの中学時代を描いた。公開時のインタビューで「登場するキャラクターは全員ピュアでかわいらしい」「映画で描かれるのは、中学1年生の短い期間ではありますが、その時間を生きる遙たちの姿をものすごく真剣に追いかけています」と語っていた。

 父親によると、映画作品が完成するたび、両親のために招待券2枚を贈ってくれた。「自分の息子をほめるのもあれだけど、ようできた子」。声を絞り出すように語った。(小池寛木、森下友貴、小原篤

■「聖地」でも安否…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら