[PR]

(24日、高校野球茨城大会 霞ケ浦6-2水城)

 三回表、背番号1をつけた水城の桜井隼人君(3年)が左翼からマウンドに登った。4点差をつけられ1死満塁のピンチ。これまで全試合で先発してきた樫村佳歩(けいと)君(1年)からボールを手渡されると「もういいぞ」と笑顔で声をかけた。

 マウンドに駆け寄ってきた捕手の千田大翔君(3年)は「エース頼んだ」。直後、内角高めの直球で右飛、真ん中低めのスライダーで中飛。2人の打者を外野フライに打ち取ると、ガッツポーズを見せた。

 昨秋、チーム事情で外野手から投手に転向。投手経験もある中、主に打者としてプレーしてきたが「必然的に自分がやることになった」。捕手の千田君と投球練習に励み、変化球と低めの制球力を磨いてきた。

 基礎的な練習を積み重ね、関根茂彦監督に「苦しい時に桜井」と信頼をおかれるまでになった。今大会は樫村君が先発、桜井君がリリーフする形で勝ち進んだ。この日も三回途中から九回まで6奪三振、無四死球の力投を見せた。

 打線の中心でもある桜井君は投手転向の影響もあってか、打撃面では不調に陥った。今春まで4番を任されていたが6番に。大会前、関根監督から「強いスイングをしてくれればいい」と助言され、肩の力が抜けた。その結果、今大会では打率5割を超えた。

 この試合、六回裏無死三塁の好機で打席に立った。相手は最速148キロ右腕の鈴木寛人君(3年)。狙っていた変化球を中前にはじき返し、適時打となった。

 投手として、打者としてチームを引っ張った桜井君。「楽しかったです」と言って、笑顔で球場を去った。(小島弘之)