[PR]

(24日、高校野球愛媛大会 今治工3―0東温)

 降雨ノーゲームとなった東温―今治工の仕切り直しの一戦は、今治工が2投手の完封リレーで勝利した。

 前日は三回裏途中、今治工が6―1とリードしていたところでノーゲームに。「負けられない」重圧がかかる今治工は序盤に先制したが、なかなか追加点が奪えない。終盤にようやく1点ずつ追加した。

 藤永兼太主将(3年)は「昨日の試合後、相手投手の攻略法を話し合い、内角球を狙うことにした。これが的中した」。ピンチを併殺で切り抜ける場面もあり、「内外野の連係プレーもうまくいった」と満足そうだった。

 東温は再三の好機を得点に結びつけられず敗れた。七回に中飛を好捕し、内野への好返球で併殺にした佐川慈和主将(3年)は「三回と五回のチャンスに一打が出ず、残念。ベンチは最後まで絶対勝てると、いいムードだった」と話した。(寺尾康行、矢野裕一)