[PR]

(24日、高校野球山梨大会 山梨学院5―4東海大甲府)

 山梨学院が2度勝ち越されながらも逆転した。一回、2死から相沢が安打で出塁し、菅野の本塁打で2点先制。直後に逆転を許し、1点を追う三回、四球の走者を犠打で二塁に進め、菅野の三塁打でかえし同点に追いつく。再び勝ち越された六回には菅野、野村の連打で1死一、三塁とし、高垣のスクイズで同点。続く栗田の打球が左前適時打となり、決勝点となった。四回途中から登板した二番手佐藤は被安打2の好投。二遊間の好守も光った。

 東海大甲府は2点を追う二回、先頭の河本が安打で出塁。1死後に日川が安打で続き、日塔の左前適時打で1点。さらに山本の右前適時打で加点し、敵失で勝ち越した。追いつかれて迎えた六回にも山本の適時打で一時勝ち越したが、好機の併殺打が響いた。完投のエース加藤は7安打されながらも粘り強く投げた。