[PR]

 三菱ふそうトラック・バスは24日、前の車に自動でついていき、ハンドル操作もなしで走る機能をつけた大型トラックを秋に売り出すと発表した。同様の機能は、乗用車では普及しているが、トラックでは国内初だ。ドライバーが不足する中、運転時の負担軽減につながると期待されている。

 高速道路上でハンドルを握っていれば、アクセルやブレーキ、ハンドル操作をしなくても一定の間隔を保ちながら前の車について走ることができる。車高が低い乗用車にもついていける。ハンドルから手を放したままだと警告音が鳴り、1分後に機能を使えなくする。

 こうした機能は、乗用車の多くの新車で、標準装備またはオプションでつけることができる。だが、トラックは乗用車より大きく、重いため、操作から実際に車が動くまでの時間が乗用車の3倍かかる。車線に対して左右の幅の余裕も少ない。より先の車線まで検知して予測したうえで、早めにハンドルを制御する必要があり、実用化のハードルは乗用車よりも高かった。

 5月の有効求人倍率では、運転…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら