[PR]

(24日、高校野球山形大会 鶴岡東11―7山形中央)

 「いいとこ取りですね」。最後の打者を空振り三振にしとめた鶴岡東の池田はそう言って笑った。「いつものプレーができたら負けないと思っていたので、安心しました」

 多彩な投手陣が売りだ。大会を通じて6人が登板。決勝は左スリークオーターの影山、右サイドスローの相川という186センチの2人がつなぎ、九回途中から左の本格派の池田が登場して締めた。終盤に追い上げられても、チームの余力はまだまだあった。

 昨年は決勝で十一回サヨナラで敗れ、「つらい思いをしてきた」と主将の平山。その相手の羽黒に準々決勝で雪辱。準決勝、決勝は2桁得点で圧倒した。「先輩たちを越えたい」と甲子園では初の8強を目指す。(菅沼遼)